病気が進むのを引き延ばす【緑内障に気が付くためのテクニック】

視野が欠損する病気

目元

眼圧の上昇を抑える方法

目の病気としては白内障が有名ですが、その先頭の白を緑にした、緑内障という病気もあります。白内障は、目の中にある水晶体が濁ることで引き起こされる病気で、手術をすることで視力を回復させることができます。これに対して緑内障は、表記上は白と緑の違いしかありませんが、白内障とは異なる病気です。目は、目に栄養を与える房水という透明な液体で充たされていますが、房水は排水管から排出され、必要以上には溜まりません。この排出する機能が悪くなると、房水が溜まって、眼圧が高くなります。その結果、視神経を圧迫して傷つけます。傷ついた視神経は再生しませんので、視野の欠損につながります。目の痛みやかすみ等の症状もありませんし、片方の目の視野が欠損し始めても、もう片方の目が正常であれば、視野の欠損をカバーします。このため、視野が大きく欠損するまで自覚することができず、病気が進行してしまう結果となります。40歳以上の人の20人に1人は緑内障を発症する病気ですので、決して珍しい病気ではありません。定期的に眼圧測定や眼底カメラなどの検査を受けることで、早期発見、早期治療を行うことができます。現在の医学技術では、傷つけられた視神経を回復することはできませんし、房水の排出が悪くなる仕組みが解明されていません。このため、眼圧の上昇を抑えることで、緑内障の進行を遅らせることが重要です。眼圧を抑えることで、視神経の損傷を食い止めることで、緑内障とつきあって生活していくことができます。

Copyright© 2018 病気が進むのを引き延ばす【緑内障に気が付くためのテクニック】 All Rights Reserved.