病気が進むのを引き延ばす【緑内障に気が付くためのテクニック】

加齢によっておこります

ウーマン

生理的なものです

ある日、突然自分の目の中に黒い糸のような虫のようなものが見える現象がおこることがあります。びっくりして、眼科に行かれた方も多いのではないかとおもわれます。視界に、黒い虫や黒い糸のようなものが飛んで見えて、目を動かしてみると目の前に蚊のようなものが飛んで見えることから飛蚊症と呼ばれているようです。飛蚊症は、普段は気が付かないですが、ふと白い壁を見た時や目をギュッとつぶって開いた時などに急に黒いものが見えることがあります。心配になって、眼科に行くと老化現象と言われよく、ある症状だそうです。人の目は、硝子体のほとんどが、水分で濁りがありませんが、年齢とともに水分とともに繊維が分離していき、更に進行するとその繊維の塊が眼球を浮いた感じに、ちらちらと見えてきます。最初は、黒い糸のようなものが気になって目で追ってすごく、疲れてきますがそのうちに、慣れてくると気にならなくなります。飛蚊症は、なくなりはしないですが、しだいに慣れてきます。60歳以上の方の3人に1人は、飛蚊症と言われています。また、飛蚊症は、近眼に人に多いと言われています。基本的には、老化による生理現象なので気にする必要はないですが、急にたくさんの糸や蚊のようなものが見えた時や霧のように見えた時は、重篤な病気かもしれないので眼科に行くことが必要となります。また、飛蚊症が気になる方は、レーザー治療を行うこともできますので、眼科の先生に相談することが大切になってきます。

Copyright© 2018 病気が進むのを引き延ばす【緑内障に気が付くためのテクニック】 All Rights Reserved.