病気が進むのを引き延ばす【緑内障に気が付くためのテクニック】

何か変なものが目に見える

目

症状の原因と注意点

ある日突然、視野の中に糸くずや微生物のようなもの、または水泡や薄い影のようなものが現れることがあります。この症状は昆虫の蚊が飛んでいるような状態にも見えることから、飛蚊症と呼ばれています。飛蚊症は誰にでも起こり得る現象ですが、特に近視の人や高齢者によく見られると言われています。目を動かすと、ごく小さな物体が細かく揺れながら移動するように感じられます。けれど、実際には網膜の前の硝子体という部位に飛蚊症の原因となる物質があり、その影が眼球運動によって動きまわっているように見えるという場合が多くを占めています。硝子体はゼリー状をした組織で、大部分が水分からできていますが、ごくわずかな繊維質を含んでいます。この繊維質が加齢等によって水分から分離し、硝子体の中で漂うような状態になることから飛蚊症が現われるのです。飛蚊症は比較的頻繁に発生する現象で、ほとんどの場合は特に心配する必要はありません。しかし、中にはその原因が老化等の自然な現象ではなく、重大な病気がもととなっている場合もあるために注意をしなければなりません。たとえば、硝子体の奥にある網膜に穴が開いてしまう網膜裂孔や網膜が剥がれてしまう網膜剥離の状態でも、飛蚊症が現われることがあります。これらの病気では、適切な治療を行わないと最終的に失明に至る危険があります。また、糖尿病や高血圧等によって硝子体の内部で出血が発生している場合にも、飛蚊症の症状が見られることがあります。この他にも、重症化のおそれがあるぶどう膜炎という目の病気が潜んでいる可能性もあります。このように、飛蚊症は多くの場合で心配の要らない現象ですが、時には重大な病気のサインとなっている場合もあります。そのため、飛蚊症を自覚した際には、一度眼科の病院やクリニックで診てもらうのが安心です。

Copyright© 2018 病気が進むのを引き延ばす【緑内障に気が付くためのテクニック】 All Rights Reserved.