病気が進むのを引き延ばす【緑内障に気が付くためのテクニック】

視野の欠損が見られます

女性

早期発見治療が大事です

緑内障は中高年の年代によく見られる眼病のひとつで、視神経にダメージを受けてしまい、視野が欠けてくる病気です。眼圧が上昇すると視神経に影響が出てしまいますが、一度ダメージを受けてしまうと修復が難しいです。緑内障は慢性の疾患なので、少しずつ進行してきますが、視力が低下したり、見え方に異常が見られるようになったりするまで、気付かないケースもあります。30代後半から40代ぐらいの年齢になると、自覚症状がなくても眼科で定期検診を受けて下さい。眼科では視力検査や眼底検査、視野検査などが受けられるので、診断が付くことが多いです。症状が悪化すると失明する可能性があるので、早い段階から治療を始めることが大事です。緑内障は一度発症してしまうと、定期的に通院をして病気の進行を遅らせることが大事です。比較的初期段階の場合は眼圧を下げる効果がある、点眼薬を処方してくれるので、正しく使用することが大事です。点眼薬を使用しても視力の低下や視野の欠損が進んでくる場合は、外科治療が受けられます。眼科のクリニックでは安全性の高いレーザー治療が受けられます。患部にレーザーを照射することで、病気の進行を遅らせることが可能です。局部麻酔を行うので痛みをほとんど感じず、短時間で治療を終えることができます。緑内障で一度ダメージを受けた視神経は回復しませんが、医療技術が向上しているので、以前に比べると体に負担の少ない治療が受けられます。

Copyright© 2018 病気が進むのを引き延ばす【緑内障に気が付くためのテクニック】 All Rights Reserved.